愛宕山鉄道鋼索線山頂駅舎:京都府

    

駅舎を外側から眺めてみることにしよう。

11

ケーブルカーの軌道跡や乗降口跡もしっかりと確認できた。

12

駅舎を横から見ると地上二階、地下一階の建物であったことが分かる。

13

地下にはケーブルカーを動かす機械が設置してあったのだろう。

14

しかし、残念ながら今は基礎の一部しか残されていない。

15

気の遠くなるような時を経て自然に還りゆく人工物の数々。

16

大きく傾いたケーブルカーの運転席や

17

錆びてボロボロになった窓枠たち。

18

そして、日々やせ細っていくコンクリートの柱までも。

19

ここでは人と自然のあいだの束の間を存分に味わうことができる。

20
まさに廃墟の醍醐味そのものだ。

1 2

-関西