奥多摩湖ロープウェイ:東京都

    

この奥多摩湖ロープウェイ、実はまだ廃止されていないんだそうだ。

51

あくまで休止状態であり、復活の可能性はゼロではないということ。

52

だが、運営会社の実態がなく、責任者の行方もわからないため
53

運休から約50年が経過した現在も、施設はすべて放置されたままだ。

54

運営母体が健全であれば、早期の解体はまぬがれなかっただろう。

55

このような複雑な事情により、行政もうかつに手を出せないそうだ。

56

しかしその事実が、逆にこの廃墟を「奇跡の物件」たらしめている。

57

これからも、いつまでも、この愛嬌のある姿を見せてほしい。

58

奥多摩湖ロープウェイは今も東京の奥地でひっそりとねむっている。

59

三頭山口駅の駅舎屋上にのぼってみた。

60

今となってはお互いの顔を見ることもかなわぬ二つのゴンドラたち。

61

だが、その絆は今も両者をまっすぐに結びあっていた。

62

彼らはいつか再び会える日を夢見ていることだろう。

1 2 3 4 5

-関東