軍艦島:長崎県

    

あれから幾十年! この端島は荒れるにまかせ 朽ち果てて くち果てていた

81

この島はもう再びよみがえることはない

82

果たして、その言葉は本当になってしまうのだろうか。

83

確かに残された建物は波風により甚大な浸食を受けてはいる。

84

だが、長らく見捨てられていた軍艦島が、多くの関係者の積年の努力により

85

今や世界遺産暫定リスト入りを果たすまでになった。

86

日本という国にとって、軍艦島はもはやただの廃墟ではない。

87

大切に保存し、次世代へと語り継ぐべき文化遺産なのだ。

88

軍艦島にはこの先、どんな未来が待っているのだろうか?

89

その未来が明るいものであることを、私は祈念してやまない。

1 2 3 4 5 6

-九州