旧長崎刑務所 潜入編:長崎県

    

病院の窓から独房方面を眺めた風景がこれだ。

61

刑務所内には高い場所が少ないのでこの眺望は貴重。

62

よく見ると給水塔から「扉」が顔を出しているように見える。

63

よし、彼に会いに行こう。

64

給水塔に近づいていく。

65

一気に真下までやってきた。

66

この給水塔、内部はムーラン乙女式はしご構造になっていた。

67

一番上まで登るとさっきの彼が待ってくれていた。

68

その肩越しに刑務所を一望、はるか遠くまで見える。

69

給水塔から独房方面を。

70

そして病院方面を・・・最高の景色を堪能できた。

かくして、今回の旧長崎刑務所探索は終了となった。

この旧長崎刑務所を丸一日見学してみて印象的だったのは
明治建築の技術の粋を結集して造られた煉瓦の頑丈なこと!
コンクリートや木材部分の多くは朽ち果てているというのに
煉瓦の外壁は大きな外傷なく、ほぼその全容を残していたのだ。

解体後の跡地利用について、居合わせた責任者曰く
「たぶんショッピングセンターが建つことになるんでしょうねぇ」

そう、この日で旧長崎刑務所とは永遠のお別れ。

さようなら!!

1 2 3 4 5 6

-九州