国民宿舎:福島県

    

一歩足を踏み入れると、内部はすさまじい有様であった。

11

館内のほとんどのものが焼け焦げてしまっている。

12

黒と茶色に支配されたモノクロームの世界。

13

そのせいで、これらがどういう設備なのか全くわからない。

14

あまりの火の強さに、消火器も役にはたたなかったようだ・・・

15

この広い空間は察するに食堂だろうか?

16

残された生ビールの樽や

17

その横に配置された調理場跡から類推できる。

18

調理場の中もまた、まっ黒焦げ。

19

火災の勢いは相当に強かったものと思われる。

20

原型をとどめていない器具や設備も数多い。

21

だが、幸か不幸か廃墟マニアとしてはこれもまた充分に楽しめる。

22

普通に生きていると、こんな状況を目にすることの方が珍しい。

23

むしろ普通だったら面白くなかったであろう。

1 2 3 4

-東北