田老鉱山:岩手県

    

この田老鉱山、開山は江戸時代晩期と伝えられているが

11

その起源に関して、はっきりとしたことはわかっていないようだ。

12

本格的に採掘が行われ始めたのは、1919年のこと。

13

以来、主に鉛・亜鉛を産出する国内屈指の鉱山として栄えた。

14

最盛期には2,000人近くが鉱山敷地内に居住したとのこと。

15

周辺には小学校や郵便局までを備えた、いわゆる「鉱山町」であった。

16

交通の不便、リアス式海岸による地形の不利にありながらも

17

これだけの規模の金属鉱山が存在したことによって

18

東北地方全体に大いなる発展がもたらされたことだろう。

1 2 3

-東北