國民の診療所:岐阜県

    

健全ナル國民ノ養成ハ・・・固い決意が記されていた。

19

残存していることだけで奇跡としか言いようのないこの診療所は

20
ゆったりとした時間の流れる素晴らしい場所だった。

21

残留物の全てが愛おしく感じる。

22

だが、廃墟としての寿命も確実に近づいてきているといえよう。
23

建物は支柱を失って傾きはじめ

24

まさに崩れんとしている。

25

戦争の記憶を秘めたまま、自然に帰ろうとする診療所。

26

彼は未だ「戦後」を知らないままなのだ。

1 2 3

-東海