200系新幹線

    

200系新幹線がデビューしたのは東北・上越新幹線が開通した1982年だ。

21

なんと国鉄がJRへと分社化する前のこと、つまり昭和の産物になる。

22

以来、初期の東北・上越新幹線をたった一つの車種で支えてきた。

23

1990年代後半には多くの車両が耐用年数を迎えるが

24

急な世代交代には対応できず、延命のためのリニューアルが行われる。

25

それに伴い、カラーリングも青を基調とした現代風に変更され(てしまっ)た。

26

だが、今回紹介する「K47号」は2007年に復刻したオリジナル塗装のものだ。

27

廃墟二番煎じは断然、このオリジナルカラーを推したい。

28

両者を見比べると、やはりこれしかないと思わされる決定的な違いがある。

29

それは決して「昭和」をなつかしむノスタルジィによるものではない。
30

オリジナルカラーだけが醸し出す、この絶対的で甘美な色気のせいだろう。

1 2 3 4 5

-電車