FASTECH 360S

    

彼の名は「FASTECH 360S」

JR東日本による次世代新幹線開発用の高速試験車両だ。

13

その名の通り、時速360kmでの営業運転を目指して投入された。

14

この新幹線に与えられた車両形式は「E954」

15

「ストリームライン」と呼ばれる先頭形状がとても美しい。

だが、実は彼にはもう一つの別の顔がある。

16

反対側の先頭車両は「アローライン」と呼ばれるこの形状なのだ。

17

前後で異なる二種類の先頭車両が試験にふされた結果、

18

実際の営業車両、E5系新幹線にはアローラインの採用が決定した。

19

バネで支える新型パンタグラフも見事なフォルムだ。

20

営業車両ではないが、面白いことに「自由席」がある。

21

その他の設備もまさに実戦さながらといえるだろう。

22

実際に使われているかは不明だが、トイレだってついているのだ。

23

次世代高速新幹線への期待は、否が応でも高まる。

1 2 3

-電車